多焦点眼内レンズ情報をまとめました

多焦点眼内レンズについては「多焦点眼内レンズ情報をまとめました」へ

「多焦点眼内レンズ情報をまとめました」にいつもアクセスいただき誠にありがとうございます。
知っておきたい多焦点眼内レンズ情報をここでは豊富にお届けしています。

 

遠近あるいは遠中距離など2つの焦点があげられます。

 

視力矯正(屈曲矯正)を目的として使用します。

 

白内障手術により、水晶体の核の代わりに多焦点眼内レンズを挿入することで、遠方と近方の両方に焦点を合わせることができるようになってくるでしょう。

 

遠方で約5m、近方で約30cmに焦点が合わせられるようになることから、メガネの使用を少なくするには出来るようになるという特徴があります。

 

従来の眼内レンズは単焦点(焦点が1つ)のため、遠方と近方の両方に焦点を合わせることが難しく、どちらかはメガネを使用する必要があったのでした。

 

多焦点眼内レンズの場合は、遠方にも近方にも焦点を合わせることが出来るため、白内障手術後のメガネの使用が少なくなるといわれている。

 

視力矯正についてこの記事を読んでいるということは、調べているのかと思います。
いくつも参考にするべきサイトはありますので、多焦点眼内レンズの基本的な知識をまずは学ぶようにしてください。

 

意外と知っているようで知らないのが白内障のことであり、まず最初に的確な情報収集をしましょう。
インターネットや雑誌などを参考にして多焦点眼内レンズの情報を集めましょう。


更新履歴
page top